家電製品を安全に使う

ウーマン

直すことの重要性

家電製品は電気を消費することによって作動します。通常の状態では取り入れた電気はその家電製品内で留まり、外に出てくることはありませんが誤った使い方や経年による劣化などによって電気が外に漏れ出てくることがあります。これが漏電と呼ばれる状態です。漏電が発生すると電気が無駄に消費されるほか、感電や火災といった深刻な事故の原因になる場合があります。特に火災は漏電によるものが1割り程度あり漏電は起こさないようにする必要があり、漏電が疑われる家電製品は使用しないか修理することが大事です。漏電を見つける方法としては、電気使用量が増えていることや建物の金属部分に触れるとビリビリとした感覚があるといったものです。日常生活においてこれらを感じた場合には漏電しているリスクが高く原因を突き止めて修理をする必要があります。修理そのものは専門家に依頼する必要がありますが、個人で特定するのであれば家電製品の電気コンセントを抜いて電気が通っていない状態にして漏電を感じるか確認する方法があります。また家電製品の電気コンセントをすべて抜いても漏電を感じる場合にはブレーカーを落として家の中の電気の供給を止めることです。供給を止めて感じなくなった場合には電気配線のどこかに問題があると考えられます。いずれにしても修理をする際には家電製品であれば家電製品そのものを修理するか買い換えるといったことで対応できますが、電気配線に問題があれば配線そのものを修理する必要があります。

Copyright© 2017 家の電気トラブルを改善するために|確認方法をチェック All Rights Reserved.