アースってなに

作業員

電気を地中に逃がす

電化製品を使っていると漏電を起こすことがあります。漏電とは電気が漏れることで、この状況になると命の危険すらあります。漏電を起こすと電気の使用量が増えるだけでなく、電化製品を触っただけで感電をすることもありますし、火災の原因ともなります。この漏電の原因として、電化製品や配線の老朽化、配線が傷つくことでも起こります。その他にも耐水性がない電化製品に水をかけてしまうことでも漏電を引き起こすことがあります。電化製品による漏電を防ぐためには、アースを接続することが一つのポイントです。コンセントプラグに、配線がついているのを見たこともあるでしょう。前から気になってはいたけど、そのまま使っていた人もいるでしょう。その配線がアースで、コンセントに差し込むときにこのアースを正しく接続することで漏電をしても電気を上手く逃がしてくれます。そのため、感電や火災を防ぐためにも、電化製品を使うときには必ずアースを接続しましょう。もし、漏電の可能性がある場合には、電気工事店に依頼をすることで修理をしてもらうこともできます。修理業者はネットでも簡単に見つけることができますが、マンションでは特定の電気工事店と契約しているケースもあります。マンションで修理業者に依頼をするときには、まずは管理会社に一度相談することも大切です。電化製品を設置するときには必ずアースを接続する、漏電の可能性がある時には早めに修理業者に依頼をすることが大切です。

Copyright© 2017 家の電気トラブルを改善するために|確認方法をチェック All Rights Reserved.