身近に潜む電化製品の危険

コンセント

感電や火災を防ぐために

家電製品は長年の使用や誤使用により、漏電を起こすことがあります。漏電は時に感電や火災などの、大きな事故につながってしまいます。漏電が起こる原因は家電製品の絶縁の損傷です。通常、電線やケーブルなど、電気が流れる部分はビニールなどの絶縁によって被覆されており、手で触れたり水がかかっても問題のない状態になっています。そこに何らかの原因で亀裂が入ったり擦り切れたりして電線が露出すると、電気が絶縁外に漏れます。その部分に触れると、電圧によっては感電死につながる可能性があります。また、紙や衣類など、可燃性のものが露出した電線に触れることで、火災を引き起こす場合もあります。特に小さな子供がいる過程では、コードをなめたりする可能性もあり、そのままの状態にしておくのは非常に危険です。万一漏電の可能性に気づいた時には、プロの業者に修理を依頼することが推奨されています。それは漏電の修理や確認に専門的な知識が必要なためです。漏電は、アース線の不適切な取り付けや漏電ブレーカーの故障など、素人ではわかりづらい要因によっても起こりやすくなります。また、専門知識なしにドライバーなどを使って自分で修理しようとすると、逆に感電してしまう危険性も増えてしまいます。今後も安心して電化製品を使い続けるためにも、専門的な視点から適切に修理してもらうことが重要です。業者によっては、24時間営業で修理に対応してくれたり、その他の家電製品についても、漏電の危険性がないか確認してくれるなどのサービスを行ってくれるところもあります。

Copyright© 2017 家の電気トラブルを改善するために|確認方法をチェック All Rights Reserved.